審査に通る方法

審査に通る方法として自分の収入をしっかり証明する、過去に支払いを滞納したことがない事などが求められます。

 

女性指差し

審査は、信用情報機関の情報を参考に行っています。信用情報機関とは、今までの借り入れ履歴や、滞納履歴などが登録されている所です。過去に滞納などがあった場合は審査に落ちる可能性が高くなります。申込時に嘘を書いても、バレてしまうので正直に書きましょう。

 

信用情報機関に登録されている内容を確認するには、JICCやCICのホームページから情報開示する必要があります。
また、在籍確認については個人名でかかってくるので会社にバレることはありません。

 

当日融資が可能な金融機関が増えてきているので、急ぎの場合でも安心です。インターネットなら24時間申し込めて、来店不要で当日中に借りれるので便利です。

信用情報機関に登録される期間

 

信用情報機関に登録される期間はかなり長い期間にわたり、個人の債務のデータをしっかり管理していくことができるようになっています。

 

債務整理をした場合は約5年間、借り入れなどの申込みをした場合は申込日から約6ヶ月間、滞納があった場合は契約継続中及び完済日から5年を超えない期間(ただし、延滞情報については延滞継続中、延滞解消の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)登録されます。

 

信用情報上問題があると借り入れを続けることができなくなってしまいますので注意が必要です。

 

キャッシングの審査に含まれる情報は全て法律によって守られているので外部に情報がもれることはありません。

パソコンと手